2007年11月11日

コーポレートガバナンス

@コーポレートガバナンスとは
コーポレートガバナンスとは、「企業が経営の執行・監督の仕組みを持つことによって、市場を通じて企業価値を取引しやすい環境、すなわち市場性を向上・維持する仕組み」で、簡単に言うと経営陣の活動が適切であるかをモニタリングする制度の事である。

Aガバナンスの機能
株式会社の所有者である株主が、経営陣の活動をモニタリングする事(ガバナンスを行う)が当然ではあるが、実体的には不可能である。そのため、株主が直接的にガバナンスを行うのではなく、株主から委託された取締役が、実際の業務を執行する代表取締役を含む経営陣を選任し、経営陣の牽制機能を有している。

B日本型ガバナンスの特徴
・社内取締役が大半(社外取締役がいたとしても、関係が深い会社の経営陣が大半)
・米国に比べて長期的成長を志向する傾向がある
・企業グループ・系列間での株式相互保有構造が顕著である

C日本型ガバナンスの問題点
・取締役と経営陣が重複しており、経営陣の活動に対して十分な牽制機能が働かない。
・取締役は内部従業員の昇格者であり、その頂点に代表取締役が君臨する構造である。そのため、取締役は自身の上席者である代表取締役に対して、意見することができず、牽制機能が働かない。

形だけではなく本当に機能するガバナンスを構築するには、取締役の独立性の確保や、委員会等設置会社への移行を検討する必要がある。

2007年11月08日

株主の権利と義務

株主は企業に出資する義務を負うことで、会社から経済的便益を享受する権利(自益権)と会社の経営に参加する権利(共益権)を取得します。

1.株主の自益権
@利益配当請求権:配当を受け取る権利
A残余財産請求権:会社解散時に、残余財産を株数に応じて取得できる権利
B株式買取請求権:合併・譲渡などに株主が反対する場合は、会社に持ち株を買い取るように請求する権利

これら自益権は株式数に関係なく、全ての株主に平等に認められている権利になります。

2.株主の共益権
@議決権
A帳簿・書類閲覧権
B株主代表訴訟提起権

他にも一定の株式数を有する株主には、株主総会で議案を提案できる権利等も認められています。

また、1株の権利は平等であるという株式平等の原則から、株式総会における議決権は1株につき1票与えられていおり、これを1株1議決権の原則といいます。

2007年11月07日

株式会社の特徴

株式会社とは、会社法に基づき有限責任の株主のみからなる会社のことであり、出資者たる株主は出資額に応じて株式を取得し、配当により利益を得る組織形態の事である。

T.株式とは

株式とは、株式会社に出資している株主の地位を表し、これを細分化し流通させたものを株券と言います。ちなみに、多くの生命保険会社は株式会社ではなく、相互会社という形態をとっており、保険契約者(社員)が株式会社の株主に当たり、社員総代会が株式会社の株主総会にあたる。

U.株式会社のメリット

株式会社のメリットを以下に挙げます。

@株式を発行することで、不特定多数の投資家から広く資金を集めることが可能
A株主は有限責任(投資額以上の損失はない)であるため、自分の資金力に応じた投資が可能
B上場会社の株式は流通市場が発展しているために、自由に売買が可能
C所有と経営の分離により、専門の経営陣がその能力を発揮できる組織形態である

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。