2007年12月04日

スタック・イン・ザ・ミドル

マイケル・E・ポーターは、3つの基本戦略のうち、いずれか一つを選択し、その選択を追及するべきだと主張している。
仮に、複数の戦略を同時に追求した場合、長期的な業績は低くなる傾向にあると指摘しており、この状態をスタック・イン・ザ・ミドル(Stuck in the middle)と言う。

コストリーダーシップ戦略を採用した場合、低コスト化を追求するあまり、製品の差別化を犠牲にせざるを得なくなる。
また、差別化戦略を採用した場合、研究開発費や広告宣伝費などのコストがかさみ、標準製品よりも高コストになってしまう。

このように、3つの基本戦略のコストリーダーシップ戦略と差別化戦略には、トレードオフの関係が存在し、どちらにも属さない中途半端な戦略を採用した場合には、業績が低くなる傾向がある。
posted by omatsu at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競争戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。