2007年11月27日

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、一会計期間(事業年度)の企業のキャッシュ(現金及び現金同等物)の増減を表したもので、会計基準の国際的調和の一環として、2000年3月期決算から作成が義務づけられている。

キャッシュフロー計算書は、企業活動におけるキャッシュの流れを、営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの3つに区分して表示している。

営業活動によるキャッシュフローは、会社の本業によるキャッシュの増減を表しており、企業が本業からどれだけキャッシュを稼いでいるかが分かる。
投資活動によるキャッシュフローは、設備投資(工場・機械への投資など)や、余剰資金の運用(有価証券投資・企業買収など)によるキャッシュの増減を表し、将来の利益獲得のために、現在どれだけ投資しているかが分かる。
財務活動によるキャッシュフローは、資金調達(借入・株式発行など)や借入金返済などによるキャッシュの増減を表し、営業活動・投資活動キャッシュフローから生じるキャッシュの過不足の調整方法が分かる。

財務状態が健全な企業の場合は、営業活動と投資活動のキャッシュフローがプラスで、財務活動がマイナスになる。
営業活動と投資活動で稼いだキャッシュを負債返済(財務活動はマイナス)にあてている状態である。

一方で、成長率が著しく高いベンチャー企業などは外部から資金調達をしつつ積極的な投資を行うため、営業活動と投資活動の合計額がマイナスになり、そのマイナスを補填するかたちで財務活動がプラスになる。

次に、損益計算書との関係から2点説明する。

損益計算書は一会計期間(事業年度)の損益を説明する財務諸表であり、損益計算書上は利益が計上されたとしてもキャッシュ(現金)を獲得したとは限らず、資金繰りが悪化して倒産するケース(黒字倒産)も中小企業ではよくあるケースある。
これは、損益計算書上で収益・費用を認識するタイミングと、キャッシュフロー計算書上の現金回収のタイミングに違いがあることから発生する。
(例:掛け売上のケースは、損益計算書上は売上(収益)を現金回収より先に認識する)

また、損益計算書の数値は採用する会計処理によって変化するため、経営者の恣意性が入るとされている。
一方で、キャッシュフロー計算書の数値は、実際のキャッシュの動きであるため、経営者の恣意性が入らない(ごまかしが効かない)ため、より信頼できる会計情報としてキャッシュフロー計算書は重要視されている。
posted by omatsu at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会計の基礎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。