2007年11月10日

環境分析

経営戦略を検討するには、自社の状況と、自社を取り巻く環境を正しく認識することが重要です。自社の状況は内部環境で、自社がコントロールできない景気・規制等を外部環境と言います。これらのビジネス環境を分析するツールをSWOT分析と言います。

@SWOT分析とは
 自社の内部環境(強み・弱み)と自社を取り巻く外部環境(機会・脅威)を分析し、事業戦略の策定や課題の検討を行うツールの事。

A内部環境分析
 自社の経営資源等の内部環境について、強み(Strength)と弱み(Weakness)を識別する事で。内部環境の例として、財務力、マーケティング力、営業力、技術力、チャネル、人材、ブランド力、製品、生産力がある。

B外部環境分析
 自社を取り巻く環境について、機会(Oportunity)と脅威(Threat)を識別する事。外部環境の例として、経済環境、技術的環境、法律・規制環境がある。

CSWOT分析の活用例
 SWOT分析から導かれる、意思決定の例は以下の通りである。

002_SWOT分析.gif


posted by omatsu at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営戦略の基礎概念
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。