2007年11月08日

経営理念と経営戦略

経営理念や経営ビジョンは、創業者や中興の祖と仰がれる人や現経営者の事業の考え方や経営哲学を普遍的な形で表したものです。
経営戦略はそれを具体化するためのツールとしての役割を果たすもので、経営理念や経営ビジョンと一貫性を保つ事が重要になります。

@経営理念
企業の行動指針、規範、理想、価値観を普遍的な形で表したものになります。経営理念の考え方を通じて、ステークホルダーだけでなく、従業員に対しても行動や価値観の指針を与える物になります。

参考ですが、ソニーの創業者のひとり、井深大が起草した東京通信工業株式会社設立趣意書です。

『真面目ナル技術者ノ技能ヲ最大限ニ発揮セシムベキ自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設』

A経営ビジョン
経営者によって表された企業の将来的な理想像のことであり、目指すべき中期的な姿を示したものです。

B経営戦略
経営理念や経営ビジョンを実現するための具体的方策であり、関わる環境によって、さらに3つの階層に分けて考えることが出来る。
・企業戦略:企業の事業領域の決定にかかわる全社的戦略の事
・事業戦略:各事業単位ごとの具体的な戦略の事
・機能戦略:購買、生産、営業、開発、人事、財務、IT等の各機能の生産効率を高めるための戦略の事

以下、イメージ図です。(出所:グロービスオンラインMBA講座基礎編)

mba_basic0201.gif

posted by omatsu at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営戦略の基礎概念
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65328338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。