2007年11月08日

株主の権利と義務

株主は企業に出資する義務を負うことで、会社から経済的便益を享受する権利(自益権)と会社の経営に参加する権利(共益権)を取得します。

1.株主の自益権
@利益配当請求権:配当を受け取る権利
A残余財産請求権:会社解散時に、残余財産を株数に応じて取得できる権利
B株式買取請求権:合併・譲渡などに株主が反対する場合は、会社に持ち株を買い取るように請求する権利

これら自益権は株式数に関係なく、全ての株主に平等に認められている権利になります。

2.株主の共益権
@議決権
A帳簿・書類閲覧権
B株主代表訴訟提起権

他にも一定の株式数を有する株主には、株主総会で議案を提案できる権利等も認められています。

また、1株の権利は平等であるという株式平等の原則から、株式総会における議決権は1株につき1票与えられていおり、これを1株1議決権の原則といいます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65266808

この記事へのトラックバック

株主の権利
Excerpt: 株主の権利と義務株主の自益権@利益配当請求権:配当を受け取る権利A残余財産請求権:会社解散時に、残余財産を株数に応じて取得できる権利B株式買取請求権:合併・譲渡などに株主が反対する場合は、会社に持ち株..
Weblog: 中国株入門
Tracked: 2007-11-29 09:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。