2008年08月03日

マーケティングの定義

マーケティングとは様々な定義があり、歴史とともに生産志向、製品志向、販売志向、社会志向マーケティングへと移り変わっている。マーケティングは非常にわかりにくくあらゆる定義が存在する。企業の立場から考えると、マーケティングとは、「価値の交換」であり、「価値提供を行うことによって顧客のニーズを充足し、企業価値を高める」ことであると考えられている。

マーケティングの主な定義について以下に示した。

1.JMA(日本マーケティング協会,1990年)
マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

2.AMA(アメリカマーケティング協会,2004年)
Marketing is an organizational function and a set of processes for creating, communicating, and delivering value to customers and for managing customer relationships in ways that benefit the organization and stakeholders.
「マーケティングは組織的な活動であり、顧客に対し価値を創造し、価値についてコミュニケーションを行い、価値を届けるための一連のプロセスであり、さらにまた組織及び組織のステークホルダーに恩恵をもたらす方法で、顧客との関係を管理するための一連のプロセスである」(大坪訳(JMA))

3.フィリップ・コトラー定義
マーケティングとは、個人や集団が、製品および価値の創造と交換を通じて、そのニーズや欲求を満たす社会的・管理的プロセスである。
posted by omatsu at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104066924

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。