2008年06月28日

クリティカル・マス

クリティカル・マスとは、商品が市場に浸透するための一定の需要規模、普及率のことである。

ネットワーク外部性が働く製品・サービスには、クリティカルマスと呼ばれる一定の普及率があると言われている。これは、その市場において多くの消費者が受け入れることができる利用価値が達成される普及率のことで、その普及率が超えると、それまでの累積効果により爆発的な効果が表れたり、一気に普及が加速することがある。

例えば、ソフトバンク社が同社の携帯間通話を時間帯制限はあるものの通話料を無料にしているのは、顧客層の拡大を図ることでクリティカル・マスを達成し、ネットワーク外部性の効果を最大限に活用しようとしているからである。
posted by omatsu at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成長戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101758410

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。